任意売却

任意売却とは

住宅ローン等を数か月滞納し返済困難な状況となった場合、金融機関はその担保不動産を競売など法的手続きにより債権回収を図りますが、銀行や保証会社の同意があれば、所有者の意志で不動産を一般市場にて売却することが可能となります。

その販売手法を「任意売却」といいます。

この任意売却では、不動産価格の下落や建物老朽化が要因で「処分してもローンが完済できない」いわゆる担保割れのケースが多く存在します。

しかし、競売よりも残債の圧縮額(返済額)が多く望める任意売却は、債権者・債務者の両者にとって有効な手段となります。

景気回復傾向にある現在でも、住宅金融支援機構(旧公庫)が平成12年頃まで融資した「ステップ返済」による破綻者や、金融円滑化法終了に伴う潜在的な需要は今後も続くものと思われます。

なお、任意売却を円滑に遂行させるには、この売買に精通した不動産業者の仲介が必要となります。

こんな悩みはございませんか?

エイシン不動産にご相談下さい

任意売却にかかる費用

任意売却の取引に要する諸経費は、債権者が承認した配分表に基づき売買金額の中から費用配分されます。

そのため、仲介手数料や抵当権抹消費など、本来売主が負担すべき諸費用はご用意いただく必要はございません。

競売と任意売却の違い

競売と任意売却では大きな違いがあります。
お客様がご決断されて任意売却を選択することで、これからの再生のチャンスが生まれます。

エイシン不動産の任意売却の特徴

エイシン不動産は任意売却の知識を備えた不動産会社です。ご相談から債権者との交渉、不動産売買、お引っ越しまで一貫したサービスが可能です。
任意売却は高い専門知識が求められます。エイシン不動産は、宅地建物取引主任者の資格はもちろんの事、弁護士・司法書士・税理士・行政書士等のサポートシステムも充実しています。
エイシン不動産では不動産買取も行っております。販売活動を行っても買い手が付かない場合は、自社または関係会社での買取も検討します。そのようなケースでは、お引越時期を自由に選択できたり、賃料を払う事で一定期間住み続ける事も可能となる場合もございます。
任意売却での業者選びのポイントは
・親身になって相談に乗ってくれるか?
・引越先の紹介や、細かい相談に対応してもえらえるか?
・任意売却の経験が豊富か?
エイシン不動産はご自宅を処分する事だけが目的ではなく、皆様の生活再建を優先いたします。

任意売却の流れ

住宅ローン返済状況や不動産の差押え・競売等の諸問題の確認をした上で、ご希望をお聞きし、所有者にとってベストな企画・解決方法を提案します。
ご相談時期は早いほど、任意売却できる確率は高くなります。
任意売却では債権者交渉のため媒介契約が必要となります。費用はかかりません。
利害関係者の確認、不動産の評価等の調査業務などを行い適性診断を実施します。
任意売却により所有不動産を処分するには、金融機関などの債権者や利害関係者の合意が必要となります。
その交渉・調整も弊社スタッフが責任をもって行います。
媒介契約に基づき、あらゆる広告媒体(インターネットや情報誌等)を活用し早期に解決できるよう販売活動します。
なお、弊社では不動産の買取事業も行っております。
購入者が決まり次第、売買契約を締結しその後一定の期間をもって引越の確認と同時に決済を行います。
その日に借入金の返済やその他の精算をして競売の取下げが完了します。
不動産の引渡・決済が終了し新しい生活のスタートです。
エイシン不動産では皆様の生活再建を応援いたします。